高知県四万十市で賃貸・不動産の物件をお探しの方は有限会社マルケイ

不動産コンサル

  1. ホーム
  2. 不動産コンサル

不動産関係でお悩みのあなた!マルケイにご相談ください!

マルケイの不動産コンサルティング

不動産コンサルティング業務の意義は、「不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるように企画、調整し、提案する業務」にあります。

また、宅地建物取引業とは別に独立した業務として報酬を得るために
Ⅰ.依頼者に対し事前に見積書等により業務範囲・報酬等を説明します。
Ⅱ.業務委託契約書を締結し、契約書に業務範囲・報酬等を明示します。
Ⅲ.企画提案書等の成果物を交付し説明します。
不動産に関わっている周辺の有資格者(弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士等)と提携し、知識を組み合わせてコンサルティングをして行きます。

相談は?

不動産に関する悩みを解決しようとするとき、どの専門家に、いつのタイミングで相談されますか?一般消費者の方が、各専門家と個別に協議し、不動産の悩みを解決することは容易ではありません。公認 不動産コンサルティングマスターは、不動産全般にわたる専門家としての立場から、弁護士・公認会計士・税理士・司法書士・建築士などの専門家達と連携し、相談者が最善の判断ができる提案を行います。
つぎのようなお悩みは、不動産コンサルティングマスターへご相談ください。

※不動産コンサルティングマスターとは、宅地建物取引士、不動産鑑定士、一級建築士いずれかの国家資格保持者で不動産コンサルティング業務に関する一定水準以上の知識及び技術を有すると認められて、(公財)不動産流通推進センターに登録された者をいいます。

例えば

  • 所有している不動産を有効活用したい人
  • 不動産を取得したい人
  • 不動産の処分で悩んでいる人
  • 遊休土地や賃貸物件の管理で悩んでいる人
  • 貸家・貸地などの賃貸経営のアドバイスを受けたい人
  • 複数地権者の権利を調整したい人
  • 建物の付加価値の提案や企画について相談したい人

など

  1. 相談例1

    親の所有する不動産を息子が賃貸する場合
    気を付けなければいけないことはあるでしょうか?

    Answer

    親から子に贈与がなされた。とみられる可能性がありますので、回避できる方法を一緒に考えましょう。

  2. 相談例2

    高齢になり自社ビルの経営を継続することや遊休土地を
    保有することに不安を感じています。

    Answer

    自社ビルや遊休土地を信託財産として家族信託を組成し登記名義を変更することから始めることをお勧めします。

私たちは、不動産コンサルティングに必要な経験と最先端の知識を備えたプロ集団です。
弁護士や税理士などの専門家とも”ネットワーク”で結ばれています。

争族(そうぞく)で困る前に!家族信託

家族信託とは、判断能力が低下したときのための財産管理手法、財産の承継先を指定できる手法です。

家族信託のメリットとは?

  • 自由で柔軟な資金運用ができ、不動産の共有対策が可能となります。
  • 遺言の代わりとして使え、遺言ではできないことが可能になります。
  • 高齢化した親が詐欺の被害者にならないためのリスクヘッジや相続における財産承継の順番を決めることが可能なります。

家族による財産管理・承継の新たな手法をご提案します。

家族信託の活用事例

  • 高齢の地主Xが認知症のリスクを踏まえ相続対策をしたい。

    所有の不動産を信託財産とし、受託者を長男A、受益者をXさん自身とし信託契約公正証書を締結します。

  • 地主Xは所有不動産を平等に相続させたいが共有は回避したい。

    所有不動産を信託財産とし、受託者を長男A、受益者をXさん自身とし、Xさんの亡き後は第二受益者を長男A、二男B、三男Cの3人とします。

  • 空き家になる自宅を確実に売却したい。

    地主Xは、受託者娘A、委託者兼受益者X、自宅不動産を信託財産とする信託契約を締結し
    受託者は信託監督人(司法書士Z)の同意を条件に自宅不動産を売却できるようにします。

家族信託では認知症になる前に家族への相続配分も決められます。
相続分割のトラブルも心配ありません!
気になる方は、ご本人でもご家族でもお気軽にご相談ください!